X68k:Overview

From Data Crystal
Revision as of 20:52, 15 November 2011 by Kagemusha (talk | contribs) (Created page with ' <nowiki> ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆ ☆ ☆ ぷにぐらま~ずまにゅある 第五版 第一刷 ☆ ☆ …')
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search
 		☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
		☆						☆
		☆  ぷにぐらま~ずまにゅある	第五版  第一刷	☆
		☆						☆
		☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


☆ これはなに? ☆

X680x0でプログラミングをする時に役立つと思われる資料をまとめたものです.

内容に関しては責任を負いませんが、打ち込みミスなどがあれば連絡していただけると
嬉しいです. XC2.1NewKitを貸してくれるともっと嬉しいです.


☆ ファイル解説 ☆

assembler.man:
	アセンブラマニュアル(has v3.09対応).

basicfunc.man:
	X-BASIC外部関数の作成方法の解説(X-BASIC V2対応).

bioswork.man:
	IOCSワークの一覧(ROM IOCS version 1.10/1.30対応).
	システム代替ソフトウェアの作成用です.
	一般のアプリケーションからのIOCSワーク参照は控えて下さい.

doscall.man:
	DOSコールレファレンス(Human68k version 3.02対応).

fefunc.man:
	浮動小数点演算ファンクションコールレファレンス(FLOAT V2対応).

filesystem:
	ファイルシステムの処理ルーチンの解説(Human68k version 3.02対応).
	処理内容の解説はHuman68kを解析した結果から推測しています.
	一部の用語は記述の都合上勝手に決めたものです.

fpcall.man:
	かな漢字変換ファンクションコールレファレンス(ASK68K V3対応).

iocscall.man:
	IOCSコールレファレンス(ROM IOCS version 1.10/1.30対応).
	シンボル名が不明なものに関しては、ある方から資料をいただいたのですが
	正式なものか分らないので記述していません.

_iomap.man:
	I/Oマップ一覧(X68000/X68030対応).
	ファイル名先頭が'_'であるのはiocscall.macとぶつかって補完の邪魔を
	してしまうのを回避する為です.

oswork.man:
	OSワークの一覧と各種の表の解説(Human68k version 3.02対応).
	システム代替ソフトウェアの作成用です.
	一般のアプリケーションからのOSワーク参照は控えて下さい.

programmers.man:
	メモリマップ等.

scsicall.man:
	SCSI IOCSコールレファレンス(ROM IOCS version 1.10/1.30対応).
	未公開コールはX68030のROMを解析した結果を参考にしているので誤っている
	かも知れません.
	市販のゲーム作成本に全て載っているので、そちらを参照して下さい.

trap.man:
	trap例外処理マニュアル(ROM IOCS version 1.10/1.30 & Human68k
	version 3.02対応).

v2func.man:
	Human68k V2拡張機能マニュアル.

code.txt:
	おまけ その1:ANKコード表.

condition.txt:
	おまけ その2:条件表.

fdformat.txt:
	おまけ その3:FDフォーマット表.

puni.doc:
	このファイル.


☆ 第四版第二刷からの変更点 ☆

assembler.man:
	章の順番を入れ換え.
	別名定義の疑似命令の章を加筆(ただし、別名は使うべきではないと思う).
	レジスタ/演算子/擬似命令.pragmaを追加.
	.cpu疑似命令に解説を記述、.quad疑似命令に注意を記述.

bioswork.man:
	その他の項を新設して$cecを記述.

doscall.man:
	DOS _KILL_PRにもユーザ処理が設定できたので、それを修正.
	DOS _RENAMEにファイル属性の影響を加筆.

iocscall.man:
	IOCS _CRTMODの17番と18番が入れ換わっていたのを修正.
	IOCS _OUTLPTにウェイト不足に関しての記述を追加.
	IOCS _BOOTINFの解説を修正.

_iomap.man:
	書き下し. 入手困難なInside X68000からのほぼ丸写しです(ォ

programmers.man:
	CRTC R08/R09の内容と分類が逆であったのを修正.
	メモリマップに$eaff80(拡張エリアセット)を追加.
	SRAMワークのROM/SRAM起動番地の解説を修正.
	メモリ管理ポインタに属性を追加.

trap.man:
	一覧のファイル名を小文字に変更し、mpcm.x、zmsc3.x、mcdrv.x、
	middrv.rを追加.


☆ 転載条件 ☆

以下の条件で転載を認めます.

・無償であること.
・商業メディアでないこと.
・転載先でのサポートを行なうこと.


☆ 参考文献 ☆

書籍/雑誌
	68000プログラマーズ・ハンドブック		宍倉幸則,技術評論社
	プログラマーのためのX68000環境ハンドブック	吉沢正敏,市原昌文,工学社
	Inside X68000					堯野雅彦,SOFT BANK
	X68030 Inside/Out				〃	,〃
	X68k Programming Series #1 X68000 Develop.
		Vol.1 Programmer's Guide		中村祐一(他),SOFT BANK
	Oh!X(各種記事)					村田敏幸(他),SOFT BANK
	C COMPILER PRO-68K ver2.0
		プログラマーズマニュアル		SHARP
		アセンブラマニュアル			〃
	X68000 XVI・XVI[HD]取扱説明書			〃

ファイル
	HUMAN.SYS (Human68k version 3.02)		SHARP/Hudson
	PRNDRV*.SYS (version 1.00~1.03)		〃
	FDDEVICE.X (version 1.00)			〃
	IOCS.X (version 1.50)				SHARP
	9SCSET.LZH (9SCDRV.X v3.00)			6no8rou
	SSE_114A.LZH (SUSIE.X V1.14A)			GORRY
	TW136C10.LZH (TwentyOne Ver 1.36c+10)		GORRY,T.Kawamoto
	HIOCSSRC.LZH (HIOCS.X version 1.10+16)		中村祐一
	DISKTUT2.LZH					清十郎
	KNJTUT02.LZH					清十郎,シロ
	CALLHELP.LZH					Epsilon他
	IOCSCALL.LZH					(著者不明)
	HUMAN.DOC,FCB.DOC				(〃)
	X30_SYSPORT.DOC,X68_SRAM.DOC,X68_VECTOR.DOC	(著者失念)

ROM
	IOCS ROM version 1.10(X68000XVI)
	IOCS ROM version 1.30(X68030)

(順不同,敬称略)


☆ 連絡先 ☆

	NAZO0352@どこかの謎のBBS	立花えりりん